www.helloaphant.com

.

.


クレジットカードをショップで使用する時に誰しも体験したことがあるのではないかと思うのですが、担当者がわかっていないためどちらのレシートをお客さんへ渡せば良いのか迷うときがある。クレジットを使用するとレジから数枚の紙というものが出力されるからでこのレシートのどのレシートをお客様の方に渡すのか迷ってしまうという話です。数枚の利用レシートの正体とは)3枚1組の利用明細の説明はどういうものかということについてまとめると以下の内容になります。1お客さんへ渡さなければいけないレシート。2お店の控え使用明細。3カード会社控え紙(署名を書く紙)。普段は利用者へ保管して頂く明細レシートの方を受領するのだが、時々、違う紙の方をお客さんへ見間違えて渡すということや、サインした側のレシート自体を渡してしまった大きなミスさえも存在するのです。このようなケースはバイト店員に対してや普段からクレジットが使われることの少ない店舗の会計で利用するとそれらの店舗従業員の焦りを体験できるようです。仮に店員が違う紙というものを渡してきた際は、やさしく「間違ってますよ」と一言教育してください。