www.helloaphant.com

.

.


借金に関しての返済内容はローン会社の方針に応じてだいぶ相違があっていろんな方式が採用されています。類型的にはスライド法やリボ払い方法がとられているみたいです。そしてかようなほとんどの人が聞いたことがあるリボ払いでも、本当のところ計算手法にいろんな方法というものがあったりするのです。したがってそういう形式によって支払い総額が違ってきてしまうので把握しておいて負担はないと思います。それでは理解しやすくこれらの方式のずれについて説明します。はじめは元金均等払いで次は元利均等払いです。両者はその名を冠する通り元金に関して均等に返済していくのと、元金と利子をつごうで均等に払っていこうという手法になります。このケースでは10万円をキャッシングしたと設定し、具体的にどういう算定をするのかやってみましょう。利子についてはどっちも15%と設定し考えます。またリボルディング払の額は1万円と設定して考えます。最初に元金均等払いのほうからいきましょう。こんな折の最初の支払いについては1万円へ利息分の1250円を加算した返済額となります。2回目の返済に関しては1万円に金利の1125円を計上した引き落とし額になります。こういったふうにして総回数10回で支払いをお終いにするといった様式となります。これに対して元利均等払いというものは1回目の支払は1万円でそこから元金に8750円利子に1250円という具合に割り振りをします。2回目の支払は元金が8750円に減少した状態にて利子を勘定し、1万円から再度分配します。すなわち元利均等払いの場合では10回で支払いが終わらない計算になってしまいます。こればかりの違いで両方がどれぐらい相異なってるのかが十分に分かって頂けたでしょう。元利均等というのは元金均等に比較し、元本が縮小していくのが遅延しているという非というものが存在するのです。すなわち利率といったものを多く支払うといったことになります。一方1度目の支払が些少な額で落着するというような強みというものもあります。このような引き落し形式に関する違いによって返済額というのは変わってきたりしますのでご自分の返済計画に応じた使用法をするようにしていきましょう。