www.helloaphant.com

.

.


一般にはクレカのひと月の限度額がよく利用する以上よりゆるめに設定していると人間は問題ないと思い誤って、必要よりもクレジットカードを使ってしまったりするものです。こういったクレジットカードの使いすぎを抑制するために限度額をよく考えて少なめに決めておこう・・・というのが、この本文のメインとなります。限度額の引き下げ方▼クレカの月の利用限度額を減らす方法は月の限度額を上げる方法と同じく大変便利です。カードの後ろに記載されている電話番号に連絡して「月の限度額をもっと低くしてください」と希望をオペレーターに依頼するだけです。一般には現時点での月の限度額に対して低い金額であれば時間のかかる調査もなく電話一本で限度額のコントロールが終わります。カードの限度額を減らすのは被害に遭わないようにすることへと繋がる▽カードの上限の抑制は自己抑制というような良いこと以外に防犯にも関係してきます。仮にだが、クレジットカードが紛失等により偽造されてしまった問題が発生しても、カードの利用限度額を低く申請していたなら害を出来るだけ少なくすることもできるからなのです。強調しておきたいのは偽造されてしまった場合でもカード使用者に明らかな過失にあたることがない限り、盗難保険という名前の保険が加入者を保護してくれるわけだから不安を感じることはないのですけれど、1%の可能性のことを念頭に置いて、多めの上限は減らしておくのも手です。不必要な余裕はメリットのないことと言えます。